都生グループ

包装/梱包資材、物流資材、農業機械部品とその摩耗性を追及する都生グループ

都生工業本社

都生工業岩手工場

都生工業本社

〒194-0035
東京都町田市忠生1丁目28番地5
TEL:042-792-0658
FAX:042-792-0657

 

都生工業岩手工場

〒023-0132
岩手県奥州市水沢区羽田町字窪34番地
TEL:0197-24-9636
FAX:0197-24-3116

 





HOME»  会社案内

会社案内

会社概要

商号 都生工業株式会社
所在地 〒194-0035 東京都町田市忠生1丁目28番地5
電話番号/FAX番号 042-792-0658/042-792-0657
設立 1960年9月
資本金 1,000万円
代表者 中里 武
取引金融機関 日本政策金融公庫立川支店
東日本銀行町田境川支店
従業員数 34名
事業内容 ダンボール箱製造、化成品、緩衝材、鍛造、溶射
サービス提供可能地域 全国
主要仕入先
(順不同・敬称略)
愛知製鋼株式会社
新関西製鉄株式会社
美鈴紙業株式会社
王子製紙株式会社
株式会社三興ダンボール
株式会社JSP
積水化成品株式会社
高島株式会社
アキレス株式会社
他100余社
主要納入先
(順不同・敬称略)
日本ニューホランド株式会社
松山株式会社
三笠商事株式会社
川辺農研産業株式会社
株式会社ササキコーポレーション
株式会社オーディオテクニカ
王子製紙株式会社
積水ポリマテック株式会社
株式会社静岡産業社
リバストン工商株式会社
日本総合住生活株式会社
他250余社

 

会社経歴

1960年 9月 資本金200万円で都生紙器株式会社創立。
東京都町田市木曽町322番地でダンボールケース製造開始。
1963年 3月 発泡スチロール ブロックカット品製造開始。
1966年 4月 化成品工場 東京都町田市図師町1159番地(現忠生)を設立。
発泡スチロール 成形品製造開始。
1966年 9月 300万円増資し、資本金500万円。
1970年 1月 農機具部品(耕耘刃)製造開始。
1970年 9月 社名を都生工業株式会社に変更。300万円増資し、資本金800万円。
1974年 9月 岩手工場(岩手県水沢市羽田町字窪34番地)を設立し、農機具部品製造を同工場へ全面移設。
1977年 5月 発泡スチロールの自動成形機を導入し、増産体制を確立。
1978年 3月 農機具部品の北米大陸輸出を開始。
1982年 3月 連続焼成炉・無酸化雰囲気炉を設置し、農機具部品増産と品質向上を計る。
1984年 5月 化成品工場の合理化計画に基づき、ボイラー・予備発電機及び自動成形機の増設ならびに新設。
1985年 9月 商事部門を設置し、事業の拡大を計る。
1989年 9月 組織改正を行い、事業の拡大を計る。
1991年 6月 岩手県と共同でオーステンパダクタイル鋳鉄の熱処理技術開発実施。
1993年 8月 同上熱処理技術で特許取得。(共同出願)
1994年 8月 三菱電機(株)・アキレス(株)・弊社で発泡スチロールのリサイクルを目的とした、混合成形技術開発実施。(※1)
1995年10月 200万円増資し、資本金1,000万円。
東京都町田市忠生1丁目28番地5に本社新社屋完成。
1995年12月 ダンボール工場を忠生に移設、発泡スチロール工場と合わせ物流資材部として事業開始。
1996年 7月 混合成形技術(1994年8月開発技術※1)で特許取得。(共同出願)
2002年10月 耐磨耗を目的としたウルトラハードフェイシング(ハンマーピット)の開発に成功。 一部商品化し、販売開始。