都生グループ

包装/梱包資材、物流資材、農業機械部品とその摩耗性を追及する都生グループ

都生工業岩手工場

都生工業本社

都生工業岩手工場

都生工業本社

〒194-0035
東京都町田市忠生1丁目28番地5
TEL:042-792-0658
FAX:042-792-0657

 

都生工業岩手工場

〒023-0132
岩手県奥州市水沢区羽田町字窪34番地
TEL:0197-24-9636
FAX:0197-24-3116

 





HOME»  都生工業岩手工場»  製造現場(岩手工場)スタンダード爪

製造現場(岩手工場)

スタンダード爪選択ボタン   H溶射爪選択ボタン   X溶射爪選択ボタン

 

●農耕具部品 耕うん爪(スタンダード爪)ができるまでをご紹介します。

 
材料仕入工程 材料切断工程 加熱炉工程 熱間形成工程 油焼入れ工程 焼戻し工程 部分焼戻し工程 ショット工程 塗装工程
前の工程へ 次の工程へ
 
材料仕入 材料切断 ウォーキングビーム式加熱炉 熱間形成 油焼入れ 焼戻し 部分焼戻しソルトバス ショット 塗装工程
 
  • 材料は製鋼会社から定められた寸法規格のものを約6mの長さで購入します。
  • 各種耕うん爪に応じ、定められた長さに冷間加工で切断します。
  • 切断された材料をウォーキングビーム式加熱炉で適切な温度になるまで加熱します。
  • 加熱された鋼材を圧延ロール機やプレス機を使用し、耕うん爪の成形をします。
    この形状造り製法を、一般的に、熱間鍛造といいます。
    圧延ロール機では、作用部をしごいたり、刃縁部の刃をつけたり、峰部の曲げをします。
    プレス機では、取り付け部の取り付け穴明けや外形の切断、屈曲部の曲げ、端面部切断、刻印等を熱間にて成形します。
    成形が終了した段階で、耕うん爪はスタンダード品と溶射品に製作工程が分かれます。
  • 熱間成形の完了したブレードは焼入れ槽に投入し急速冷却します。
    このときブレードは硬い材質に変化します。
    焼入れとは加熱した鋼を急速冷却し硬化させる作業です。
  • 焼入れされたままでは脆く折れやすいため、
    焼戻し炉で耐摩耗性とバネ性に優れた材質にするため焼戻します。
  • ブレードの取り付け部分は特にバネ性を必要とするため、回転式ソルトバスで部分的に焼戻します。
  • 直径3ミリメートル位の鉄鋼を耕うん爪に高速で当て、加熱時、鉄鋼の表面に浮き出た脱炭層(スケール)を剥がします。(ショットブラスト)
    また高速で衝撃を与える事で、耕うん爪の表面に熱が生じ若干の表面強化処理できます。
    (ショットビーニング)
  • 最後に黒色焼付け塗装して完成です。あとは梱包して出荷します。
 
●製造する耕うん爪(ナタ爪)の各部名称
ナタ爪各部名称